スーパーフードを食べる


イベント詳細


スーパーフードという言葉は、1980年代頃からアメリカで使われ始めました。
スーパーフードとは、簡単に言えば「健康食品」。
もう少し詳しく言うと、「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」となります。
単に栄養面で優れているのみならず、ある特定の有効成分の含有量が飛び抜けて高いもの、ごく少量で栄養・健康成分を効率的にとれるものを言います。
こちらも、武蔵小山TARUHO振りの開催。
この日は、チアシード、アマランサス、ゴジベリー、ゴールデンベリー、カカオニブ、カスカラティーなどのスーパーフードをご用意します。